避妊薬の種類と効果比較

女性が黄体ホルモンをとると、妊娠しているのと似たホルモン状態になり、排卵が抑えられます。卵胞ホルモンには、黄体ホルモンの作用を強める働きがあります。このため、避妊薬には、黄体ホルモンと卵胞ホルモンの2種類の女性ホルモンが含まれています。ところが、卵胞ホルモンは副作用を起こすため、卵胞ホルモンの量を抑えた避妊薬が開発されました。
これが中用量ピルで、卵胞ホルモンの量は50㎍まで減らされました。卵胞ホルモンの量をさらに抑えたのが低用量ピルで、低用量ピルの出現によって、経口避妊薬としてのピルが広く普及するようになりました。
低用量ピルは、黄体ホルモン剤の種類によって第一世代、第二世代、第三世代に分類されます。第一世代ピルは、卵胞ホルモンの量を減らした代わりに、黄体ホルモンの量を増やしたピルです。第二世代ピルは、新たな黄体ホルモン剤を使用することで、黄体ホルモン剤の量も減らしています。第三世代ピルは、第二世代ピルのアンドロゲン作用を抑えた黄体ホルモン剤を使用したピルです。
ピルは、この他にもホルモン量の変化による分類として、1相性、2相性、3相性にも分けられます。第二世代ピルでは、アンドロゲン作用に対応するために、ホルモン量を段階的に変化させています。
いずれのピルも、経口避妊薬としての効果に変わりはありません。
日本で一番普及しているのは、第二世代の3相性ピルタイプでトリキュラー、アンジェなどがこれに該当します。服用中の不正出血が少なく、休薬期間の間にきちんと減退出血が起こるのが特徴です。第一世代、1相性ピルのオーソは、出血量を大幅に減らすため、子宮内膜症の治療によく使われます。第三世代、1相性ピルのマーベロンは、アンドロゲン作用が少なく、にきびなどの悩みがある場合には、こちらが向いています。
■初めて購入するならこのお薬
トリキュラーは代表的な低用量ピル

ページトップへ