避妊薬シートで射精しても大丈夫!

 避妊にはコンドーム・ピル(低用量経口避妊薬)・膣外射精・IUS・IUⅮ・リズム法・避妊手術等があります。このうち、比較的簡単なのが、コンドーム・ピル・膣外射精・リズム法です。コンドームは簡単ですが、破れたり、つけっぱなしにしておくと漏れたりします。また、性行のはじめからつけないと意味がありません。膣外射精はタイミングが難しいですし、ほとんど気休めと言ってよい程、効果がありません。リズム法は何か突発的なことがあると、リズムが狂うということと、そもそもリズムが見つけられない人がいるという点で、誰にでも出来る方法ではありません。どんな方法も絶対に妊娠しないとは言い切れないのですが、一番避妊率が高いのがピルです。
 ピルは、女性が飲む避妊薬です。28日周期で飲みます。毎日同じ時刻に飲んで、21錠タイプは1シートを全部飲み終わった後の7日間は飲まずに過ごします。8日目からまた新しいシートのピルを飲み始めます。28錠タイプは 21錠の実薬と7錠の偽薬が一緒に1シートにまとまっている、飲み忘れ防止のタイプです。含まれてる ホルモン量が、数錠ずつ違うので、飲む順番を間違えないことが肝心です。どちらのタイプも飲み忘れると効果がないので要注意です。また、他の薬との兼ね合いもありますのでインフルエンザにかかった場合などは、医師に相談の上、ピルを飲み続けるのか、いったん中断するのかを決める必要があります。
 メリットは、避妊率が高いことと、女性の意志で避妊できることです。万が一のコンドームの破れやうっかり射精にも対応できます。
 デメリットは、副作用があることです。飲んでいる時も個人差はありますが、不正出血があります。吐き気・頭痛・めまい・ 乳房のハリ・性交痛・鬱のような症状等それぞれです。
 避妊薬を飲むことに抵抗のある人もいることでしょう。ですが、女性の意志で出来る方法があるということに意義があると思います。

ページトップへ