避妊薬の年齢制限は?高校生でも飲める?

避妊薬と言えば、一般的には経口避妊薬にあたり、いわゆる低用量ピルのことになります。女性ホルモンが配合されたホルモン剤にあたり、服用するとエストロゲンおよびプロゲステノーゲンを摂取して、体内でのホルモンバランスを安定させる効果があります。妊娠した女性のホルモンバランスに近い状態にもっていくため、脳が錯覚することで受精が必要ないと判断し、排卵を抑制して避妊を成功させる方法となります。避妊の成功率は99.9%とも言われ、望まない妊娠を回避するために使用されています。また同時に生理周期がコントロールされることから、生理不順の人が使用することも多く、若い内から生理に悩まされる女性にも用いられています。避妊薬の年齢制限は基本的に存在せず、初潮を迎えた女性であれば、高校生だけでなく何歳からでも使用することが可能とされています。高齢であれば、条件付きで45~50歳までの使用も可能で、ホルモンに影響を受けやすい自律神経失調症の治療にも使用されています。年齢制限はありませんが、当然ながら初潮を迎えた女性からで、それ以前では使用する意味もないのですが、服用すると体に異常を起こすことがあるので、間違っても服用しないように注意しましょう。高校生では生理周期を安定させるために服用する女性が多いですが、同時に避妊ができることから、性行為に積極的になりやすい傾向にあります。避妊薬では性病を防ぐことができないので、無闇に性行を繰り返さないよう正しい性知識を身につけることが重要です。同様にピルの飲み忘れなどをすると直ちに避妊薬の効果が切れるため、正しい使用方法など知識を身につけておかなければいけません。高校生などの年齢では知識が曖昧になりがちなので、できることならば保護者が管理しておくのが望ましいとされます。

ページトップへ