産後の避妊薬の利用と自由診療

性行為を楽しむ際は、妊娠を希望していない場合はやはり避妊の対策はきちんと行うことが大事です。
避妊の方法も様々な種類がありますが、特に効果の高い方法では避妊薬の利用があげられます。
飲み忘れなどがあってはいけませんが、正しく服用すればかなりの確率で妊娠を防ぐことができますので、確実性を得たい場合は利用も検討したいところです。
コンドームなどの避妊具も効果的ですが、付け忘れや破損のリスクもありますので、完全とは言えません。
こうした薬をきちんと飲むことで、妊娠の確率はかなり下げることもできますが避妊薬は基本的に自由診療となっており、保険適用はされません。
低用量ピルと呼ばれる薬の場合も、緊急避妊薬の場合も自由診療となりますので、薬の費用もよく確認しておきましょう。
自由診療ではありますが、やはり避妊薬は避妊をより確実にしたいという人に向いています。避妊を行いたい理由は人それぞれ違いがあり、産後はしばらくは子供を持ちたくないということで利用する場合もあります。
産後も避妊をしていないと、やはり妊娠してしまう可能性はありますが、やはり産後は育児もありますので、やはりそのことも考えて薬を利用する必要があります。
まず、気になるのは薬の成分が母乳に出てしまわないかということではないでしょうか。母乳で赤ちゃんを育てている場合はやはりその影響は気になるところです。
低用量ピルは安全性の高い薬ですが、やはり授乳中は赤ちゃんへの影響がわからないこともあり、飲むことは禁止されています。
それゆえに、産後でまだ授乳中という場合は避妊薬の利用は避け、コンドームなどの避妊具を利用した避妊を行うことがおすすめです。
避妊薬の利用は、授乳が終わってから考えてみると良いでしょう。

ページトップへ