エチケットで避妊薬を飲むとカンジダになる

避妊薬を飲むのはエチケットです。
誤って妊娠してしまうのが、一番困るケースだからです。
エチケットというのは、相手への気遣いでもあります。

しかし、その一方で避妊薬を飲むと悩まされることもあります。
その代表例が、カンジダです。
エチケットとカンジダ、どちらを優先すべきなのかは悩ましいものがあります。
そのため、まずはカンジダについて正しく理解しておくことが大切です。

カンジダは、カンジダ菌という真菌によって起こる炎症のことです。
この菌自体は常に体内に存在しており、異物ではありません。
しかし、体調やホルモンの変化などにより菌が急激に増加することがあります。
これが発症のメカニズムです。

性病というイメージが強いですが、じつは性病ではありません。
そもそも、膣内で起こるケースは全体の1割もありません。
この炎症は口の中など、体の様々な場所で発症しています。
そして、女性だけではなく男性にも発症します。

主な症状は、おりものとかゆみです。
白っぽい粘り気の物質が排出されるようになり、膣内にかゆみを感じます。
男性の場合は、亀頭に白いカスが溜ったりしますが、おりものと同じものです。

原因は、免疫力の低下や抗生物質の作用などがあります。
避妊薬の服用も、原因の1つと考えられています。

一般的に、カンジダは自然に回復する炎症です。
しかし、ひどい場合は処方が必要になります。
原因は様々ですが、避妊薬の服用をやめるのも処方の1つです。

また、カンジダに効果のある薬も販売されています。
イソコナゾールやオキシコナゾールなどには、菌を殺す作用があります。

一番よいのは、病院で診断をしてもらうことです。
原因を特定し、対処法を教えてもらえます。
原因には様々な要素が考えられますので、正しい知識を得ることが大切です。

ページトップへ